いただきますに込められた3つの意味〜子供にも大切にしてほしい「ありがとう」〜

みなさん、こんにちは😊 親孝行の配達員 ひーくんです😊

今日は、いただきますに込められた3つの想いについてのお話をしていきます😊

「いただきます」って普段何気なくつかっていますよね。でも、そこには素敵で意外な想いが隠されていました😊

ひーくん
毎日の一瞬一瞬の家族との時間を大切にすることが、何よりも大切な親孝行・家族孝行なんです😊  家族でご飯を一緒に食べる時、「いただきます」の意味を思い出してご飯を食べられるだけで、すっごく優しい気持ちになれるんです😊

ぜひ「いただきます」の意味をここで知って、ご飯の時間に家族を大切にする気持ちを思い出せるようになりましょう😊⭐

 

「いただきます」の3つの意味

①いただく命に対するありがとう

このありがとうの意味は、みなさん聞いたことがあるのではないでしょうか。

今から食べる、お魚の命へのありがとう。野菜の命へのありがとう。お米の命へのありがとう。

私たちは、たくさんの命をいただきながら、自分の命を生きています。

ひーくん
たくさんの命の上に、自分たちは立っている。そう思えるだけで、とても素直な気持ちになることができます😊

 

②広い世界へのありがとう

私たちが食べる食べ物が、私たちの目の前に届けられる前に、そこにはたくさんの人々が関わっています。

例えばお魚を食べるとすると、お魚を獲ってくれた人はもちろん、お魚をスーパーまで届けてくれた人、スーパーでお魚を売ってくれた人…。

もっと考えてみると、お魚を獲るための船を造った人は誰なんだろう?その船の材料はどこからきたんだろう。誰が取ってきてくれたんだろう。机の上で食べているけど、この机は?電気で照らされた家で食事をしているけど、電気はどこからきているんだろう。石油が使われているよね。ってことは外国からきてるはずだ…。

ひーくん
日本だけじゃなく、世界中の、一生出逢わないかもしれないたくさんの人々のおかげで、僕たちは食事をすることができます😊  わ…正直実感できないや(><)でも、ありがとうって気持ちだけは、少しだけ心にペコッと芽生えてきます🌱

 

③先祖へのありがとう

ひーくん
この先祖へのありがとうは、僕が初めて知った考え方でした😊 いただきますに、こんな想いが込められていたなんて….ぜひ大切にしたい想いです😊

 

「いただきます」には、先祖へのありがとうの意味があります。

お父さん・お母さん。

おじいちゃん・あばあちゃん。

ひいおじいちゃん・ひいおばあちゃん。

高祖父?・高祖母?(もうこれ以上は呼び方が分かりません(><)笑)

先祖みんなにありがとう。とっても素敵な考え方です😊

実は、30代辿ると何億人もの先祖がいることになります…..😳

 

ひーくん
そのうちの1人でも違う人生を歩んでいたら、自分はいなかったんだ😐 そんな奇跡にありがとうを想う「いただきます」は本当に素敵だ。

 

さいごに〜いただきます×親孝行〜

「いただきます」には、たくさんのありがとうの想いが隠れていることが分かりました。

ここで一つ、最後に僕の思ったみなさんに伝えたい大切なことがあります。

それは、誰に感謝をするより先に、自分の命へのありがとうを大切にしてほしいということです😊

 

ひーくん
自分が生きているからこそ、人に感謝をすることができます😊 わーーー!! なんだか、「いただきます」の話が壮大になってきました😊

 

きっと、このいただきます」の想いを大切にできれば、家族の食事の時間も、きっと大切にしようと想うことができます😊

何気ない当たり前の時間に、「ありがとう」を想う😊

きっと、それだけで、僕たちの人生は少しだけ素敵なものになります⭐

 

 

今日も、僕のブログを読んでくださって、ありがとうございました😊

「いただきます」😊

今日から、この言葉は僕たちの人生をハッピーにする合言葉です😊

一緒に、この合言葉を大切にして、これからも生きていきましょう😊

 

”親孝行”を届けたい。素敵なお父さんを目指す、大学生ひーくんのプロフィール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です