ひーくんの哲学(3)〜行動していない自分にも価値がある〜

みなさん、こんにちは😊

親孝行の配達員 ひーくんです😊

今日は「行動していない自分にも価値がある」をテーマにお話をしたいと思います。

…自己成長を求めて様々な活動をしていた時、「とにかく行動を続けていなくちゃ!」という焦りがありました。

ひーくん
「自分には何もないのだから、とにかく動き続けていなくちゃ人から評価されない。」そんなことばかりを考えていました(><)

 

でもある時、僕の大切な友達がきっかけとなって、「行動をしていない自分でも、受け止めてくれる人はいるんだ。誰かのためになれているんだ。と気がつくことができ、本当の意味で自分自身を受け入れることができるようになりました。

その経験について、少しお話をしていきます😌

「生きているだけで、あなたが存在しているだけで、きっと誰かの支えになっている」

そんなメッセージを僕はこのブログで届けたいです😊

 

①頑張れない自分との初めての出会い

昔の自分は、とにかく自信を持っていました。特に、「どんな困難な状況でも、楽しみを見つけて頑張っていける」と本気で考えていました。

ひーくん
実際にどんな状況でも、その中から楽しみを見つけだして頑張れてきていました。どんな状況下でも、楽しみを見つけることは可能だって、とにかくそう思っていました(><)

 

しかし、とうとう、あるチャレンジをしている時に「もうどう考え方を変えようとしても、辛くて、苦しくて…。全然楽しもうなんて考えられなくて、どうしようもないくらいしんどい」と感じる経験をしました。

 

ひーくん
とにかく僕は「行動」をしてきました。「行動」をすることで、たくさんの人たちから声をかけてもらえることも多くなっていました。でも、この時の僕は初めて「行動」ができなくなってしまいました(><)もう自分が嫌になって、自己嫌悪に陥ってしまいました(><)

 

 

②「行動できないでいる僕」をただ受け入れてくれた友達

自己嫌悪に陥ってしまっている僕を助けてくれたのは、僕の友達でした。

その友達は、ただ、僕のそばにいてくれ、一緒に美味しいご飯を食べてくれたり、一緒にゲームをしてくれたり、ただ一緒に時間を過ごしてくれました。

ひーくん
この時の僕は、辛い時に人に相談をすることができない性格でした(><) …辛い気持ちを無理に聞き出そうとせず、ただ一緒に時間を過ごしてくれた友達には本当に感謝してもしきれません(><)

 

この友達との時間の中で、僕は気がつきました。

「この友達は、行動をしている自分ではなくて、ありのままの自分のために今ここにいてくれている。」

…行動をしていない自分を受け入れてくれる人はいるんだ。そのことが自分にとっては本当に心にぎゅーーーーってきました😌

 

③「あなたが生きているだけで誰かの支えになっている」

よく考えてみると、僕にとって大切な人たちが「何をしていても」、きっと僕にとってその人たちは大切な人であることには変わりがありません😌

例えその人たちが「何もできなくなってしまっても」、その人のことが大切な気持ちに変化はありません😌

本当に、ただその人が存在してくれているだけで、「頑張ろう」って思えることもたくさんあります😌

ひーくん
僕がそう感じているように、もしかしたら僕が生きていることで、ただそれだけで、誰かの支えになれているかもしれない。そう思えるようになると、本当に心が楽になりました。ただ生きているだけの、ありのままの自分を受け入れてくれている人がいると気がつけたことが、本当に僕にとって嬉しいことでした。

 

④まとめ

生きているだけで、誰かの支えになれている。

このことを、僕は心に大切に秘めてこれからの人生を送っていきたいです。

ひーくん
今頑張れているのは、あの人の顔が思い浮かぶからだな😌…そんな心の声を大切にしていきたいです😊

ただ生きている自分自身を、そのまま受け止めてくれる存在はきっといます😊

,,,そんな人たちへの「ありがとう」をエネルギーに、今日も1日頑張りましょう😊

 

 

↓下の記事は、この苦しかった経験をした時に、すごく心に響いた曲の紹介です😊

ぜひ合わせて読んでください😊

(flumpoolは本当にいい曲がたくさんです⭐)

 

 

親孝行の配達員ひーくんのオススメする 優しい気持ちになれる歌〜『とうとい』flumpool

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です